2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10/19(Thu)

いよいよ手術当日①~子宮全摘への道(#^.^#) ~10

手術当日です(^^)いい天気です

手術は2番目の12時半からの予定。
朝は6時検温して予約済みのシャワーへ。
夕べの夕食以降、絶食です。お水、お茶、ミネラルウォーターは可。
手術当日6時以降はお水もダメ!
最後のポカリを飲んでシャワーに出掛けました(^^)

その後、7時より浣腸…初です(笑)
出産の時にしますよね、私の場合、陣痛から破水が激早で、浣腸しようと分娩台乗ったら即破水しちゃって(^^)
浣腸なし出産したので今回初!
簡単に考えてたけど、看護士さんに処理してもらってトイレで座ってたら脂汗と供に意識がもうろうと…
顔面蒼白(・.・;)
ヤバイ、私このまま死ぬ?!緊急ボタン押す…

足を高くしてベットに横になる。
看護師さん曰く、血圧が一気に下がるのでそうなるとのこと。
それなら事前に言ってくれ!!焦ったわ!!
手術前にあの世に行くかと思ったわ!!
5分くらいで正常に戻りました(@_@)

後は、術前の点滴です。術前から術後まで。
手術着に着替え、ストッキング装着!
後は手術を待つのみです(^^)ドキドキバクバク・・・・

ついに看護士に呼ばれる。
車いすかベットで移動って聞いてたんだけど、そのまま点滴ぶら下げて歩いて手術室へ。
手術室に入ると、担当医と助手が3人くらい?
「はい~ここに横になって~」
「次こっち向いて~」
「はい手出して~」
「ちゃっちゃっと行きますよ~」
と、あまりの早さに
「まな板の上の鯉ですね」
と言うとみんな笑う。
酸素マスク装着して点滴から麻酔薬投入、10秒くらい?!すぐ意識がなくなる・・・・
手術室に入って麻酔が効くまできっと5分くらいでした(笑)
スポンサーサイト
10:38  |  子宮筋腫 全摘までの道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/26(Tue)

いよいよ手術当日②~子宮全摘への道(#^.^#) ~11

苦しい・・・・・・。痛い・・・・・・。
手術室で
「終わりましたよ!」
と言われウンとなづき、病室へ戻り、その後はきっと眠っていたんだろう。
何時に起きたのかわからないけど、手術は予定通り2時間程で終了した模様。
子宮と筋腫と卵管の摘出をしてから、うちの母親は先生に呼ばれもれなくそのブツを見せられたようだ。
想像より大きかったらしく、筋腫は半分切り刻んであった様子。
「しばらくは肉食べれない・・・」
て言ってた(笑)
「腹腔鏡って簡単ってイメージがあったんだけど、ちょっと甘く見てた。あんなもの切って出すんだから大変だよ・・・。大きな手術だと思った」
その日はショックだったらしい(^^)

術後すぐは、酸素マスクをしてます。目が覚めて少ししたらマスクは取り外されました。
1.jpg 
この時の喉の渇きが尋常じゃない(*_*)
「誰か飲み物をくれ~」
と思う。が、口に出したいが声が出ない。虫の吐息的な。
砂漠で遭難したらこんな感じなのかな、寝たきりのお年寄りはこんな感じ?ってあれこれ思いました(笑)
水分はどんなに喉が渇いても術後5時間は禁止!麻酔がまだ完全に取れてないから異物を入れると呼吸困難になる可能性があるとか・・・。
「それはいかん!!」
けど、ホントに物凄いヤバイです!朝から水分取ってないし、喉カラカラ、唇もシワシワ。
呼吸も少ししかできなくて、途中自分で自発呼吸するのを忘れているのか、途中我に返って
「呼吸しなきゃ!」
って呼吸する感じ。
「飲みたい」
やっと出た言葉に母が看護士さんに聞いてくれた、口を水でふくだけならOKのお許しが(*^_^*)
バラ色でした。けどすぐ乾くから苦しいんだけどね。

この時、母は水分がどうして取れないのか知らなくて、ティッシュで私に水分を取らせようとしてたんだよね~。唇を濡らす。ではなく、水分を数滴づつ取らせようと。
怖いわ~、看護士さんも説明がなかったし、家族は喉が渇くなら!よかれとテイッシュに水を含ませてせっせと私にIN。まだ麻酔が完全に抜けてないから呼吸困難になる可能性があるとも知らず・・・。
術前にネットサーフィンで事前勉強していたので、それは頭に入ってた。
でも、その説明を母にする声が出なくって、結局水分を口に入れる~自分で飲み込まず口からペッって出すを繰り返す。

それと、テイッシュはだめだな!固いから。
母は唇が渇かないように水分を含ませたティッシュをそのまま口全面ににピトっ!て置く。
これがまた、水分含んでるティッシュは通気性0!
口をティッシュで塞がれ息できず(*_*)死ぬかと思った!(笑)

大げさかもだけど、自発呼吸が完全になるまでの呼吸って凄く少量。虫の吐息ほど。
だから、その状態で口を塞がれるのがどんなにえらいか・・・。
いちを頭に入れといた方がいいですよ!!
脱脂綿がいいかな(*^_^*)
今後の介護に役立った(笑)

お腹のキズは鈍痛で、痛い。なんとも言えないな表現が。
えらくて膝を立てたり。寝返りは打てるらしいけど、その気力は0

手術当日は食事はなしで、ベットで安静。
夜は痛み止めと睡眠の薬を点滴から入れてくれます。
その日はそのまま就寝
21:00  |  いろいろ節約  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/25(Mon)

いよいよ入院当日~子宮全摘への道(#^.^#) ~9

いよいよ入院の日がやってまいりました(^^)
入院受付に10:15、産婦人科に10:30予定。
予定より早く着き、受付。今日も混んでいます。
産婦人科では、結局呼ばれたの11時?
診察はないのに~待ち疲れ~

今日入院する3名が呼ばれ、病棟まで案内してもらいました。
ご年配の方と、同年代くらいの女性と3名でした。
入院棟は、リニューアルがあり内装はとてもキレイです(^^)
部屋は、漏れなく大部屋ではなく個室限定。シャワー付きとの事。
もちろん保険適用外一日6900円。高いなぁ(・.・;)

だったんですがぁ~部屋が空いてないとかで1日目は二人部屋に(@_@)
2日目~は個室に引っ越しできるようです。手術当日やん?
面倒だけど仕方ない…

入院中のリストバンドをもらい、体温、体重、血圧を図り、シャワー室、処置室、診察室などの案内をしてもらう。
その後病室へ案内され、荷物を置く。
お昼はやはり低残渣食でした。

15時頃、診察室で恐るべし剃毛…いやん(#^.^#)
ストッキングの履き方を習う。
こんなんです
DSC_3730.jpg
静脈血栓棺塞栓症 の予防です。
長い間ベッドに横たわっていたり、同じ体制を取り続けていると、血流が悪くなります。
エコノミー症候群って聞いたことありませんか?この予防用の靴下です。
圧がすごいです。履くのにも一苦労(笑)
出来上がり図↓これは、術中~点滴が取れるまで履いておくことになります。
DSC_3731.jpg
今日は後、何もないのでボーと過ごす。
今日のシャワーは病院側が予約してくれている時間にINして就寝。




17:30  |  子宮筋腫 全摘までの道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/23(Sat)

低残渣食開始~子宮全摘への道(#^.^#) ~8

入院の二日前です(*^_^*)
今日から低残渣食が始まります。
簡単に、腸管に刺激のない優しい食べ物を食べてくださいね~っやつです。
繊維系はアウト。
○適している食材
 お粥・ご飯・食パン・うどん
 脂身の少ない肉(もも・ヒレ・ささみ)
 魚(青魚は少量)
 豆腐
 卵料理
 いも・トマト・きゅうり・レタス・ホウレンソウ・なす・大根・キャベル・白菜
 メロン・バナナ・りんご・すいか
 牛乳・ヨーグルト
●適していない食材
 そば・ラーメン
 脂身の多い肉(ロース・バラ)
 加工品・貝類
 大豆・小豆
 生卵
 きのこ・海藻・こんにゃく・ごぼう・たけぼこ・れんこん・山菜
 パイン・梨・柿・グレープフルーツ
※煮る・蒸す・焼くを基本とし、天ぷら・フライは避け、薄味。
※香辛料・アルコール・たばこ・カフェインは控える。
※なるべく暖かい物を。

こんな感じです(*^_^*)
体調もここ一週間ずっと悪く、風邪?みたいな症状が続いてました。
入院前2、3週間に風邪症状があった場合(薬を飲まねばいけないくらい)、手術は延期になります。(それも困る)
微熱っぽい状態+とにかく体がダルダル
この時期特有の、寒暖差の持病か、閉経によるダルダル?風邪?どれが当てはまるのか自分でもわからず…
とりあえず熱はないみたいなので、そのまま様子見してましたが、強行突破する事に。大丈夫かな・・・

こんな体調でもあったので、体重1kgほど減。
入院で痩せるのを想定し、ご飯はちゃんと食べました(^^)
今回の低残渣食も、手間のかからない物を。
パン、ヨーグルト、玉ねぎとピーマンの味噌あえ、大根と白菜の雑炊、冷や奴など
薄味がホントはいんだけど、食欲も沸かなくなるので、そこは気にせず美味しく食べられる味付けにしちゃいました(*^_^*)
18:14  |  子宮筋腫 全摘までの道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09/15(Fri)

術前の検査、説明+自己血~子宮全摘への道(#^.^#) ~7

病院へ母親+息子くんを引き連れ、手術説明と自己採血に行ってきました(*^_^*)

この前の副作用は結局、丸一週間辛かった感じです。頭痛と腹痛で(p_-)
薬効かないからひたすら我慢してました(笑)
副作用だから当たり前だし仕方ない。と理解して過ごす毎日(^.^)

今回の病院は、丁度息子くんが夏休みだったので、勉強のために・・・。
12時から説明、14時から自己採血の予定でしたが、診察が混みあっていて先に他の検査へ。
自己採血には、朝食OK。昼食は抜きで自己採血前に食事を取ってほしいとの事。
それと、水分たくさんとるようにと指示がありました。

お先に、
血液検査→心電図→肺機能検査(肺活量とか図るやつ)→レントゲン

ここで、売店で買った味ごはんとお茶でお昼ごはん。
ようやく婦人科へ戻り手術の説明です。

特に異常はなく、前回取ったMRIを見ながら説明してくださいました。
何か、横からの画像、むっちゃデカイんですけど(・.・;)
子宮が握りこぶしとして、筋腫が見た目が子宮の倍くらい?!
これで6~7cm???家族も見たけどとても7cmには見えず・・・。

腹腔鏡下手術については、切開する場所。おへそのみ!
おへそと下の方と二か所と思ってましたが、基本はおへそ一カ所だそうです(^.^)
状態により、追加や開腹の可能性もありです。

あと、新たに左側の卵巣が腫れている様です。
炎症で一時的なものかはわからないそうで、手術の時に診てみてからの結果。
万一、腫れが引いてなく様態が良くない場合は摘出だそうです。
これも、事前にそうなる可能性ありとして、その場合の卵巣摘出の判断を委ねられ、
了承しました。

後は、手術におけるリスク説明。たくさんあったなぁ・・・。
例えば、筋腫を切り離す際、近くにある臓器にひっついてた場合、切り離すのに臓器にキズがついてしまう。
感染症や、お臍のキズの状態が悪く腸が出ていちゃったり(・.・;)
あらゆるリスクを想定してお話してくださいました。が、聞いてると不安になってきます(笑)
同意書が5枚ありました(笑)

こんな感じで、この後、自己採血400cc。
低体重の私は(152cm41kg)点滴を打ちながらの採血。両腕に(笑)
最中に飲むためにドリンク持ってったんだけど、両手ふさがり飲めず(笑)
40分くらいかかったかぁ~

かれこれ12時から3時間ほどかかりました、疲れた~(^.^)
後は再来週の手術を待つのみ。
風邪引いちゃうと、手術が延期になるので気を付けます!
14:30  |  子宮筋腫 全摘までの道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT